修繕積立費用の積立て相場とは?

修繕積立費用がわかる

修繕積立金の疑問

マンションといった自宅やオフィスを持っている人が建物のことを考えて残しておく修繕積立金。
この金額がのちに不足していたということも珍しくないようです。
この不足の原因が提案された修繕積立金の金額が低いことにあります。
安いに越したことはないと金額を低く設定しており数年後いきなり大幅な値上げを強いられたりする可能性もあるようです。

ここで混同しがちなのが管理費です。
修繕積立金と管理費は別物です。
修繕積立金は建物を直すお金です。
建物も時間がたつと壁が剥がれたりひびが入ったりいますよね。
そういったものを直すお金なのです。
管理費は生活が送りやすいようにするお金です。
共同スペースや管理人と言ったところに出すお金ですね。

では、修繕積立金の相場とは一体どうやって調べたらよいのでしょうか。
それは国土交通省でまとめたガイドラインがあります。
建物の階数や敷地面積によって変わってきます。
また戸数から見ると戸数の少ない方が比較的安いです。

ここでおさえておきたいのが築年数です。
築年数が新しければたらしいほど修繕積立金は安いように見えがちです。
ですが、実際はそんなことはありません。
不動産会社が新築物件を安い値段で売れるようにわざと修繕積立金を安く設定している場合もあります。
この場合。修繕積立金を値上げしてはならないと言った法律はありません。
なのであとで値上げされて目玉が飛び出ることが多いのです。

この値上げも見越してローンを組む必要があります。

TOPへ戻る