修繕積立費用の積立て相場とは?

修繕積立費用がわかる

>

修繕積立金のすべて

修繕費用積立金の疑問

修繕積立金とは建物の壁やエレベーターが壊れた時に使うお金です。
壊れた時にまとめて一括で支払うには額が大きすぎて支払えなくなる可能性があります。
そうなってしまっては困るので毎月少しずつ支払って貯めておくお金です。

マンションの強度は永遠に保証されるものではありませんので注意が必要です
一度マンションを購入してしまえばずっと住もうが途中で売ろうがその人の自由です。

ですが、持ち続けている限り住み続けることができます。
長く住めば住むほど家も老朽化してきます。
外壁は勿論、機械設備も古くなってきてその機能をまっとうできなくなってくるのです。
そういったものへの修繕費用です。
長く時間が経てば経つほど修繕箇所は沢山出てくるのでそれらにあてたいですね。

修繕する周期とは

修繕積立金を毎月徴収する理由として修繕費用が莫大だからという理由があります。

これはどういったことかというと修繕するまで、つまり建物が破損するまでに時間がかかるのです。
修繕工事を行う周期として一般的に12年から15年経つと修繕箇所が発生してきます。
すると、一度の修繕に大規模な工事費用が必要になってくるのです。
大規模な工事なために金額も膨大です。
いざ、修繕工事をする時にお金が足りなくてできないとなってしまわないために積み立てておくようです。

これは、区分所有者が住んでいる期間に応じて米対負担するものとなっています。
ようは長く住めば住むほど負担しなければならないということですね。
長く済んだ方がおさめた積立金があるので得ですね。


TOPへ戻る